労災保険の保険料率は事業の種類によるだけでなく、その事業場での労災の発生状況を踏まえた割増・割引があります。

2024/04/05|1,049文字   <メリット制の趣旨> 労災保険の保険料率は、事業の種類ごとに災害率等に応じて定められています。 しかし、事業の種類が同一であっても作業工程、機械設備あるいは作業環境の良...

産休・育休が取れない会社には特徴があります。小規模の建設業など天候に左右されやすい企業では、昔から多くのマイルールがあって法改正に対応できていない傾向にあります。

2024/04/03|1,071文字   <国の政策に対する無知> 産前産後休業というのは、労働基準法による国全体の制度です。 また、育児休業というのは、育児介護休業法による国全体の制度です。 どちらも、会社の...

インフルエンザなど症状が重くなりやすく感染しやすい感染症にかかった従業員の勤務はどうしたらよいのでしょうか?

2024/03/31|1,182文字   <感染症の流行> 新型コロナウイルス感染症が下火になったと思っていたら、インフルエンザの流行だけでなく、はしかや脳食いアメーバも心配されています。 現在、これらに感染し...

労働時間の定義については、会社オリジナルのマイルールを設定することができません。公定のルールを再確認しましょう。

2024/03/30|1,360文字   <労働時間把握の重要性> 企業には、労働時間の適正な把握と記録の保管が義務づけられています。 かつては、残業時間を正しく集計して、残業代を正しく支払う目的だけが強く認識...

緊急時の時間外労働や休日労働について、労働基準法や三六協定の例外が認められていますが、その条件はとても厳格です。

2024/03/29|1,510文字   <緊急時の時間外・休日労働と労働基準法> 時間外労働や休日労働の上限規制については、働き方改革関連法による改正後の労働基準法により法定化され、平成31(2019)年4月...

病気休暇制度を設けることで、人手不足、採用難、高齢化に対応できます。安心して働ける職場になります。

2024/03/28|1,075文字   <病気休暇とは> 病気休暇は、従業員が病気の治療を続けながら働くのを、サポートすることを目的とした休暇です。 病気を抱えた従業員にとって、働きやすくなるだけではなく、会...

企業に健康診断の実施が義務づけられているのって不思議ではないですか?義務がないとどうなるのでしょう?

2024/03/27|1,319文字   <健康診断実施義務の不満> 企業には、従業員の健康診断実施義務が課されています。 基本は、雇入れ時と年1回の定期健康診断ですが、1人1回につき50万円以下の罰金という罰...

PAGE TOP