「17歳じゃ労災保険は使えない」と言われたが

LINEで送る

<労災保険の適用対象>

労災保険は年齢制限なく適用されます。

原則として、中学卒業年齢になれば雇われることができますので、15歳になって最初の331日になれば、労災保険の対象となります。

高校生のアルバイトも対象者です。

 

<ではどうして対象外と言われたのか>

労災保険について聞かれた人が、良く知らずに答えたのかもしれません。勤務先で確認するときには、労災保険に限らず、その仕事を担当している人に聞きましょう。

しかし、ウソをついてしまった可能性もあります。手続きを求められても良くわからないとか、どこかの事務所に手続きを依頼すると高い報酬を請求されるとか、正直に答えるのが不都合に思えたかもしれません。

 

<正しいことを確認するには>

労災保険について正確なことを確認するには、勤務先を管轄する労働基準監督署にたずねましょう。たとえ未成年者であっても、親切に回答してくれます。また、希望すれば、会社に話をしてくれます。

 

労災保険の手続きを依頼するとなると、お近くの社労士(社会保険労務士)ということになります。報酬は社労士事務所によってバラバラです。顧問契約を交わしていれば、簡単な手続きは顧問料の範囲内で行う所が多いようです。

柳田事務所の場合には、人事や総務の担当者の方に手続きの仕方を教えるのがメインです。社員が成長すれば会社も成長します。社長がご自分で覚えている会社もあります。

もちろん、担当者がいなかったり、急ぎだったりすれば、手続きを代行します。

 

2016.11.09.