【法改正】育児・介護休業等に関する規則の規定例〔簡易版〕

LINEで送る

平成291月に改正される育児・介護休業法に対応した就業規則の規定例〔簡易版〕が厚生労働省ホームページに公開されています。

 

↓規定例〔簡易版〕

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/ikuji_h28_08_01.pdf

 

 第1条(育児休業)

 第2条(介護休業)

 第3条(子の看護休暇)

 第4条(介護休暇)

 第5条(育児・介護のための所定外労働の制限)

 第6条(育児・介護のための時間外労働の制限)

 第7条(育児・介護のための深夜業の制限)

 第8条(育児短時間勤務)

 第9条(介護短時間勤務)

 第10 条(給与等の取扱い)

 第11 条(育児休業等に関するハラスメントの防止)

 第12 条(法令との関係)

 

これをもとに、それぞれの会社で規則と労使協定を整備することになります。

規定例は大変よく考えられています。それでも、それぞれの会社の実情を反映しているわけではありません。会社に合った規定にするには、信頼できる社労士(社会保険労務士)へのご相談をお勧めします。

今現在対象者がいなくても、予め整備しておきましょう。むしろ対象者がいないうちに整備したほうが楽です。労使で話し合って決める内容もありますから。突然、対象者があらわれて、法律上の権利を主張されたときに、あわてなくて済みます。

 

2016.09.15.