戸籍が無い人を救うには

LINEで送る

<戸籍とは>

人が、いつ誰の子として生まれて、いつ誰と結婚し、いつ亡くなったかなどの身分関係を登録し、その人が日本人であることを証明する唯一のものです。

 

<戸籍が無いと>

住民票やパスポートは、原則つくられません。

資格を取得するために、戸籍の証明を求められることがあります。

親の遺産を相続する場合に、親子の証明ができないこともあります。

戸籍の無い方が子を産んだ場合に、その生れてきた子もまた無戸籍になってしまうことがあります。

 

<戸籍をつくるには>

まず、各都道府県の法務局の無戸籍相談窓口に電話します。「無戸籍者の相談のことで」と言えばわかります。電話せずに直接行っても大丈夫です。戸籍の無い本人でなくても相談できます。秘密は守られますから、気軽に相談できます。

そして、戸籍を作るために特別な手続きが必要な場合には、そのための案内をしてもらえます。

こうして、戸籍がつくられます。

 

2017.07.15.解決社労士