労働条件審査の横糸と縦糸

LINEで送る

<労働条件審査の横糸>

審査項目としては、大項目が次のようになります。この下に中項目と小項目が付きますから、実際にはチェック項目が100を超えます。

 

A 採用 雇用

B 労働時間 休日 休暇

C 賃金

D 退職 解雇

E 懲戒

F 労働安全衛生

G 育児 介護 母性保護 性差別

H ハラスメント

I 高齢者

J 非正規社員

K 就業規則 労使協定

L 労働関係基本帳簿類

M 労働社会保険

 

<労働条件審査の縦糸>

1. 形式=規定などが調っていること

2. 実態=規定通りに実施されていること

3. 手続=届出等が行われていること

4. 維持=途中で立ち消えしないようになっていること

5. 回復=ルール違反が発生した場合のリカバリー

6. 記録=法定の期間、あるいは必要な期間、記録が保管されていること

 

<お問合せ先>

公契約のための労働条件審査であれば、その内容が厳密に規定されていますから、それに従って行われます。各都道府県の社会保険労務士会へのお問合せをお勧めします。

これ以外の労働条件審査は、信頼できる社労士(社会保険労務士)にご相談ください。健康診断に、人間ドックや特定健康診査があるように、詳細なものから簡易なものまであります。ニーズに合わせて、審査内容をカスタマイズできるわけです。

 

2017.05.25.解決社労士