解決社労士 柳田事務所|業績アップの就業規則提案・改善|人のトラブル対応  障害年金の請求業務

LINEで送る

たしかに障害年金はわかりにくいですね。

じつは主婦の方、働いている方でも、受給している方は多いのです。

他人から見てわからない障害(内臓疾患・精神疾患など)でも、条件を満たせば受給できる可能性があります。

 

そしてその基本条件は、加入要件、納付要件、障害程度の3つです。

 

加入要件=初診日に年金に加入していたこと。

※60歳以上65歳未満と20歳前に初診日がある方には例外あり。

 

納付要件=一定の期間、保険料の払いもれが無ければOK!

 

障害程度= 一定以上の障害があること

※原則として初診日から1年半後に認定されます。

 

年金事務所に相談してもいいのですが、むずかしい話も多いです。

窓口には障害年金の担当者が一人ということもあって、ゆっくり相談できないかも知れません。

社労士にご相談いただければ、じっくりと納得できるまでお話しすることができるでしょう。

しかもほとんどの場合、最初のご相談は無料です。迷ったら、是非一度ご相談ください。