ハローワークの求人票が事実と異なる件数は減少傾向

LINEで送る

令和元(2019)年8月9日、厚生労働省が「平成30年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を取りまとめ公表しました。

 

<結果の概要>

平成30(2018)年度の申出等の件数は6,811件で、対前年度比20.0%減となり、平成27(2015)年度から4年連続で減少しました。

申出等を内容別に分類すると、「賃金に関すること」(30%)が最も多く、「就業時間に関すること」(23%)、「職種・仕事の内容に関すること」(17%)が続いています。

 

【申出等の件数の推移】

        

30年度

29年度

28年度

27年度

26年度

申出等の件数

6,811件

8,507件

9,299件

10,937件

12,252件

参考:
新規求人件数

6,600,951件

6,468,438件

6,161,398件

5,835,295件

5,553,055件

 

<是正指導>
ハローワークでは、求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に関する相談を受けた場合には、求人を受理したハローワークと連携して、すぐに事実確認を行い、事実確認の結果、求人票の記載内容が実際の労働条件と異なっていた場合には、是正指導を行っています。

平成30(2018)年度の求人票の記載内容と実際の労働条件が異なっていたのは、2,967件でした。
 

<ハローワークの方針>
ハローワークでは、引き続きこうした事実確認と是正指導などの対応を徹底することで、求人票の記載内容が適切なものとなるように努め、求職者の期待と信頼に応えられる職業紹介などを行っていく方針です。

今後も、求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に関する申出等については、最寄りのハローワーク、または「ハローワーク求人ホットライン」に連絡するよう協力を求めています。
 

【ハローワーク求人ホットライン(求職者・就業者専用)】
・電話番号 03 ( 6858 ) 8609(ハ ローワーク)
・受付時間 8時30分~17時15分(年末年始を除く)

 

2019.08.30. 解決社労士 柳田 恵一