ハローワーク経由の障害者就職件数が10年連続で増加

LINEで送る

<障害者の職業紹介状況>

令和元(2019)年6月18日に、厚生労働省が平成30(2018)年度の障害者の職業紹介状況を取りまとめ公表しました。

ハローワークを通じた障害者の就職件数は102,318件で、対前年度比4.6%の増となりました。また、就職率については48.4%で、前年度と同じ水準となりました。

 

<公表内容のポイント>

〇 新規求職申込件数は211,271件で、対前年度比4.5%の増となり、また、就職件数は102,318件で、対前年度比4.6%の増となった。このうち、精神障害者の新規求職申込件数は101,333件で、対前年度比8.1%の増となり、また、就職件数は48,040件で、対前年度比6.6%の増となった。

〇 就職率(就職件数/新規求職申込件数)は48.4%で、対前年度差0.0ポイントとほぼ前年並みとなった。

 

        就職件数   (対前年度差、比)   就職率(対前年度差)

身体障害者   26,841件   (85件増、0.3%増)  43.8%(0.4ポイント減)

知的障害者   22,234件 (1,247件増、5.9%増)  62.1%(3.4ポイント増)

精神障害者   48,040件 (2,976件増、6.6%増)  47.4%(0.7ポイント減)

その他の障害者 5,203件  (196件増、3.9%増)  40.4%(0.8ポイント減)

合計     102,318件 (4,504件増、4.6%増)  48.4%(0.0ポイント増)

 

○産業別の就職件数は、多い順に、「医療,福祉」(35,541件、構成比34.7%)、「製造業」(14,510件、同14.2%)、「卸売業,小売業」(12,607件、同12.3%)、「サービス業」(10,868件、同10.6%)などとなった。

○ 障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)第81条第1項の規定により、ハローワークに届出のあった障害者の解雇者数は、1,980人であった(平成29年度は2,272人)。

 

<障害者雇用率を達成するために>

障害者雇用を斡旋する専門業者もあります。

しかし、こうしてみるとハローワークも捨てたものではありません。

現在従業員がこなしている業務から、障害者が担当する業務を切り分けて、うまく役割分担ができたならダイバーシティ(適材適所)を叶えることができます。

ハローワークだけでなく、社会保険労務士も力になります。

 

2019.06.20. 解決社労士 柳田 恵一