春は自転車通勤での事故に注意

LINEで送る

平成31(2019)年3月19日、製品評価技術基盤機構(NITE)が、自転車事故についての注意を呼びかけ、安全のために知っておきたいポイントを示しています。

以下、概要について紹介します。

 

<資料の概要>

春は進学や通勤など生活環境(又はライフスタイル)の変化で自転車に乗り始める方が増えます。

特に4月から5月にかけて、自転車に関する製品事故が一年のうち最も多く発生しています。

発生状況を年代別に分けると、10代の事故が最も多く、次いで30代の事故が多く見られます。

通学や通勤などで自転車を使用する機会が増えるにつれ、手軽で便利な自転車の思わぬ事故が発生しています。

安全に自転車を使用するには、点検や整備など使用上留意すべきポイントがあるため、自転車の使用に関わる注意喚起を行います。

2013年度から2017年度の5年間にNITE(ナイト)に通知された製品事故情報では、自転車の事故は346件ありました。自転車の事故は人的被害(重傷、軽傷)に至る場合が多く、346件中252件(73%)を占めています。

自転車は手軽で便利な乗り物ですが、油断や慣れによる誤った使い方は大きな事故につながります。乗車前の点検や購入してから1カ月での初期点検など、自転車の状況を常に確認し、使い方に注意して事故を未然に防ぎましょう。

リコール製品による事故も発生しているため、リコール情報を確認してください。

 

<事故を防ぐためのポイント>

・路上の木の枝やごみ袋などは車輪に巻き込まれるおそれがあるため、注意して走行する。

・ハンドルに買い物袋や傘などをぶら下げない。

・自転車に乗車する前に、チェーンのたるみ、車輪やペダルの取り付けなどを確認する。

・スポーツ車などは車輪を速やかに脱着してタイヤ交換を容易にする機構(クイックレリー

・お手持ちの製品がリコール対象製品かどうか確認する。

 

<安全のためのポイント>

・乗車前に自転車に不備がないか確認することを習慣にする。

・自転車技士又は自転車安全整備士のいる店舗において、購入後1カ月を目安にねじのがたつき・ワイヤーの伸びなどがないかの初期点検や、新車以外においても定期点検を受ける。

・電柱やフェンスなどに衝突するなど外から大きな衝撃を受けた場合は、そのまま乗車せず、自転車を購入した店舗などで異常がないか点検を受ける。

 

従業員に自転車通勤を認めている会社、従業員が自転車で通勤していることを知っていて黙認している会社は、事故が発生した場合に100%従業員の自己責任とすることはできません。

通勤以外で事故が発生した場合にも、会社は貴重な労働力を、少なくとも一時的に失うことになりかねません。

是非、社内での広報と、自転車利用者への教育に努めてください。

 

2019.03.24.解決社労士