パートナーシップ宣誓制度(東京都府中市)

LINEで送る

東京都府中市も、平成31(2019)年4月1日にパートナーシップ宣誓制度を開始します。

府中市では、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催等を契機として、一人一人が互いに人権を尊重し、多様性を認め合う共生社会の実現を目指し、「パートナーシップ宣誓制度」を実施するものです。

以下、平成31(2019)年3月21日に府中市の広報誌『広報ふちゅう』で発表された内容です。

 

<パートナーシップ>

互いを人生のパートナーとし、相互の協力により、継続的な共同生活を行い、又は継続的な共同生活を行うことを約した、一方又は双方が性的マイノリティ(典型的とされていない性自認や性的指向を持つ者をいいます。)である2人の者の関係のことをいいます。

パートナーシップ宣誓制度は、一方又は双方が性的マイノリティである2人の関係について、パートナーの関係にあることを証明する制度です。

 

<宣誓できる人>

次の条件をすべて満たすことが必要です。

・パートナーシップの関係にあること。

・成年であること。

・住所について、次のいずれかに該当すること。

1.宣誓をしようとする者の双方が府中市( 以下「市内」という。) の同一所在地に住所を有しており、同一世帯であること。

2.宣誓をしようとする者の一方が市内に住所を有し、他方が当該住所を自らの住所とすることを予定していること。

3.宣誓をしようとする者の双方が市内の同一所在地に住所を有することを予定していること。

・配偶者がいないこと。

・宣誓をする相手方以外の者とのパートナーシップがないこと。

・直系血族又は三親等内の傍系血族もしくは直系姻族の関係にないこと。

 

 なお、「直系血族又は三親等内の傍系血族もしくは直系姻族の関係」とは、次のような関係をいいます。

直系血族…祖父母、父母、子、孫等

三親等内の傍系血族…兄弟姉妹、伯父伯母、叔父叔母、甥姪

直系姻族…子の配偶者、配偶者の父母・祖父母等

 

<宣誓に必要なもの>

〇世帯全員の住民票の写し

1人1通ずつお持ちください。(3ヶ月以内に発行されたもの)

本籍地及び世帯主との続柄の表示は不要

同一世帯になっている場合は、2人分の情報が記載されたもの1通で可

(転入を予定している方)その事実が確認できる書類(売買契約書や賃貸借契約書等)を提出してください。なお、転入後速やかに「世帯全員の住民票の写し」を提出して下さい。

 

〇配偶者がいないことを証明する書類(戸籍抄本・独身証明書等)

1人1通ずつお持ちください。(3ヶ月以内に発行されたもの)

独身証明書や戸籍抄本は、本籍地の市町村で取得できます。

外国籍の方の場合は、配偶者がいないことを確認できる書面に日本語の翻訳を添えて提出(婚姻要件具備証明書等)

 

〇本人確認書類

個人番号カード、運転免許証、一般旅券、在留カード、官公署が発行した免許証、許可証又は資格証明書等(宣誓をしようとする者本人の顔写真が貼付されたもの)

 

<宣誓の流れ>

(1)電話またはメールで事前予約

事前に政策総務部政策課へ、電話またはメールで手続希望日等をご連絡ください。

申請の日時・必要書類などを調整・確認します。(宣誓希望日の7日前まで)

TEL:042-335-4010      

電話受付:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時(祝休日・年末年始は除く。)

メール:kikaku04@city.fuchu.tokyo.jp

 

(2)書類提出

予約した日時に、必ずお二人そろってお越しください。

必要書類をご持参ください。

宣誓の受付:月~金 午前8時30分~午後5時(祝休日・年末年始は除く。)

受付場所:市役所1階市民相談室

 

(3)内容確認

提出された書類について、パートナーシップ宣誓の要件を満たしているか確認します。

書類に不備や不足等がある場合等は、宣誓日を延期させていただくことがあります。

 

(4)宣誓書受領証の交付

宣誓書の写しを添えて「パートナーシップ宣誓書受領証」を2部交付します。

 

2019.03.23.解決社労士