法改正に対応した三六協定届の作成支援ツール

LINEで送る

<作成支援ツールの公開>

2019年4月1日施行の改正労働基準法に対応した「三六協定届」を作成するための支援ツールを、厚生労働省が公開しています。

これを使えば、パソコン画面上で、入力フォームから必要項目を入力し印刷して、労働基準監督署長に届け出る三六協定書が作成できます。

 

<スタートアップ労働条件>

事業者のための労務管理・安全衛生管理支援サイト「スタートアップ労働条件」のページから入って利用することができます。

 

↓こちらです。

https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/support.html

 

入力フォームから必要項目を入力・印刷することで、労働基準監督署に提出する次の4種類の書面を作成することができます。

〇時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定届)

〇1年単位の変形労働時間制に関する書面

協定届、労使協定書、労働日等を定めたカレンダー

 

<会員登録>

会員登録をしないで利用することもできますが、会員登録をしておけば、36協定届、1年単位の変形労働時間制に関する書面の入力データを保存し、過去に登録したデータを呼び出して書き換えることができます。

次回の届けを作成する手間が省けますし、今後新たなサービスが追加されるでしょうから、会員登録することをお勧めします。

 

<適用が猶予される企業にも>

中小企業のうち、2024年3月31日まで上限規制が適用猶予される事業場・労働者(建設業、鹿児島・沖縄の砂糖製造業、自動車運転者、医療に従事する医師)に向けたツールも用意されています。

 

2019.03.07.解決社労士