平成29(2017)年「国民健康・栄養調査」の結果

LINEで送る

<国民健康・栄養調査>

平成30(2018)年9月11日、厚生労働省は平成29(2017)年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を取りまとめ公表しました。

平成29年調査は、毎年実施している基本項目に加え、高齢者の健康・生活習慣の状況を重点項目とし、高齢者の筋肉量や生活の様子について初めて把握しました。

高齢者の健康づくりには、食事、身体活動に加えて、生活状況も踏まえた視点が重要だということです。

 

【調査結果のポイント】

高齢者の栄養状態は、食事、身体活動、外出状況等と関係・65歳以上の低栄養傾向の者(BMI≦20 kg/m2)の割合は、男性12.5%、女性19.6%。・四肢の筋肉量は、男女ともたんぱく質摂取量が多く、肉体労働の時間が長い者ほど有意に増加。

・外出していない男性の低栄養傾向の者の割合は、外出している者と比べて約20ポイント高い。

・「何でもかんで食べることができる」者の割合や、20歯以上歯を有する者の割合は、60歳代から大きく減少。

 

女性は20~50歳代でもやせが課題

・20~50歳代の女性のやせの者(BMI<18.5 kg/m2)の割合は、いずれの年齢階級も10%超であり、特に20歳代では21.7%。

※「健康日本21(第二次)」では、若年女性のやせは骨量減少、低出生体重児出産のリスク等との関連があることが示されている。

 

40歳代で睡眠の状況に課題

・1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、男女とも40歳代で最も高く、それぞれ48.5%、52.4%。

・睡眠で休養が十分にとれていない者の割合は20.2%であり、平成21年からの推移でみると有意に増加し、年齢階級別にみると40歳代で最も高く30.9%。

 

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では42.4%と最も高く、次いで「遊技場」では37.3%、「路上」では31.7%。

 

 

<個人的な解説>

BMIは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算します。たとえば、64kgで1.75m(175㎝)なら、64÷1.75÷1.75でBMIは20.9です。体形は無視して体重と身長だけで計算します。

歯については、8020運動というのがあります。「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。ちなみに、私の歯は31本あります。虫歯で親知らずを1本抜いてもらいました。今は、京王線府中駅前の太田歯科医院で定期検査を受けるだけで良好に保たれています。太田歯科医院の太田先生は、小学校と中学校の同級生です。昔から潔癖症でとても器用ですから信頼しています。

女性はダイエットを意識する割には、やせ過ぎの人が多いということです。ダイエットが必要なのに本気で取り組まない人と、必要が無いのに無理なダイエットをする人は不健康になってしまいます。見た目だけでなく、健康美を目指していただけたらと思います。

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も大事です。今は、スマートフォンのアプリで睡眠の質をチェックすることもできますが、あまり気にすると反対に眠れなくなりますから注意しましょう。

 

2018.09.14.解決社労士