クーリングとは?(有期契約労働者の無期転換)

LINEで送る

<無期転換ルール>

無期転換ルールとは、労働契約法の改正により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

 

<クーリングとは>

同一の使用者との間で有期労働契約を締結していない期間、つまり退職して労働契約のない期間(無契約期間)が、一定以上の間続いた場合、それ以前の契約期間は通算対象から除外されます。

このことを「クーリング」と呼びます。

 

<無契約期間の前の通算契約期間が1年以上の場合>

無契約期間が6か月以上の場合は、その期間より前の有期労働契約は通算契約期間に含まれません。つまり、クーリングされます。

無契約期間が6か月未満の場合、前後の有期労働契約の期間は通算されます。クーリングされません。

 

<無契約期間の前の通算契約期間が1年未満の場合>

無契約期間の前の通算契約期間に応じて、無契約期間がそれぞれ下記の期間に該当するときは、無契約期間より前の有期労働契約は通算契約期間に含まれません。つまり、クーリングされます。

その場合、無契約期間の次の有期労働契約から、通算契約期間のカウントが再度スタートします。

 

 無契約期間の前の通算契約期間 _    契約がない期間(無契約期間)_  

2か月以下

1か月以上

2か月を超え4か月以下

2か月以上

4か月を超え6か月以下

3か月以上

6か月を超え8か月以下

4か月以上

8か月を超え10か月以下

5か月以上

10か月を超えている場合

6か月以上

 

契約社員やパート社員などの有期契約労働者から無期転換の申込みがあったが、よくわからないという場合には、信頼できる国家資格者である専門家の社会保険労務士(社労士)にご相談ください。

 

2017.11.10.現在