「きょうは会社休みます」と言う社員への対応

LINEで送る

<無断欠勤なら>

多くの会社には、正当な理由なく無断欠勤を続けた場合には懲戒解雇とする旨の規定があります。

こうした規定を置かずに行う懲戒解雇は不当解雇となり、解雇が無効となるので、会社が大きな痛手をこうむります。

たとえ規定があったとしても、実質的な欠勤の有無、回数、理由が問題となります。

 

<年次有給休暇の取得なら>

「きょうは会社休みます」というのが、年次有給休暇取得の意図なのか、欠勤のつもりなのか、どちらとも取れる場合があります。

就業規則などに、年次有給休暇取得の手続きについての具体的な規定があれば、その手続きに従わない申し出はダメだという言い分も、一応は筋が通ります。

しかし、口頭で年次有給休暇取得の申し出を受けている職場では、「きょうは会社休みます」と言ったのが、年次有給休暇取得の意図だったという主張を退けることができません。

ましてや、病欠を後から年次有給休暇に振り替えることができるルールの職場なら、年次有給休暇扱いにせざるを得ないでしょう。

少なくとも、年次有給休暇取得の意図を主張されたら、「正当な理由なく」欠勤したという扱いはむずかしくなります。

 

<年次有給休暇取得の拒否>

同僚や上司の迷惑も顧みず、「きょうは会社休みます」と言って休んでしまう社員に対しては、年次有給休暇取得を拒否したくなるかもしれません。

しかし、ご存知の通り、年次有給休暇は労働基準法が認めた労働者の権利です。〔労働基準法39条〕

週1回しか勤務しないアルバイトにも、この労働基準法に基づく厚生労働省令によって、年次有給休暇が与えられています。

「この日に年次有給休暇を取得します」という申し出に対して、「ダメ」と言ったら1回につき6か月以下の懲役刑または30万円以下の罰金刑が定められています。〔労働基準法1091号〕

これとは別に、社員から慰謝料を請求されることもあります。

結局、会社側は「取らせない!」とは言えないことになります。

 

<ここも社労士(社会保険労務士)の出番>

従業員が少ない会社でも就業規則を作成し、年次有給休暇のルールを規定しておくべきです。

また、社員教育をきちんとして、労働者の権利を振りかざすことが、場合によっては権利の濫用になることを説明しておくべきです。

就業規則の作成・改定・運用も、社員教育も社労士の得意分野ですから、信頼できる社労士にご相談ください。

 

2017.07.31.解決社労士