国民年金保険料の臨時特例免除申請

LINEで送る

2020/05/04|1,038文字

 

<概要>

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による減収を理由とする国民年金保険料の特例免除申請の受付が開始されました(令和2年5月1日)。

令和2年4月30日、日本年金機構が令和2年2月分以降の国民年金保険料を対象として、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による減収等のため、国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時の特例免除申請の受付手続を明らかにしました。

特例免除の申請にあたっては、申請書のほかに所得の申立書の提出が必須とされています。

これらの書式も、日本年金機構ホームページでダウンロードすることができます。

当然ですが、感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送によることが求められています。

 

<申請の種類>

・臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予

・臨時特例による学生納付特例申請

 

<対象者>

次の条件を両方とも満たした人が対象になります。

・令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により収入が減少したこと

・令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

 

<承認基準>

 

臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予

①全額免除:(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

②4分の3免除:78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

③半額免除:118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

④4分の1免除:158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

※地方税法に定める障害者および寡婦の場合、基準額が変わります。

 

臨時特例による学生納付特例申請

118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

 

<必要書類>

 

臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予

・国民年金保険料免除・納付猶予申請書

・所得の申立書(簡易な所得見込み額の申立書(臨時特例用))

※マイナンバーにより郵送で申請する場合には、マイナンバーカードの写しなどの本人確認書類の添付が必要です。

 

臨時特例による学生納付特例申請

・国民年金保険料学生納付特例申請書

・所得の申立書

・学生証のコピー

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、学生証等の発行が遅延し手元にない場合は、申請書の備考欄に「学生証発行遅延のため後日送付」と記入したうえで申請書を提出し、学生証等が手元に届いたら、コピーを速やかに提出します。

※マイナンバーにより郵送で申請する場合には、マイナンバーカードの写しなどの本人確認書類を添付が必要です。

 

解決社労士