できれば便利なマイナポータル

LINEで送る

※マイナポータルは平成29年7月18日から試行運用が開始されています。

 

<マイナポータルという言葉>

マイナンバーのポータルサイトなので、マイナポータルです。「情報提供等記録開示システム」とも呼ばれます。

ポータルサイトというのは、いろいろな内容の詰まった、巨大なウェブサイトのことをいいます。

 

<何に使うの?>

自宅のパソコンなどで、マイナンバーの付いた自分の情報が、いつ、どことやりとりされたのか、確認できますし、行政機関が保有する情報も、確認できます。

行政機関などから、「健康保険の高額療養費の支給対象となります」のような、お知らせが届きます。

いままで、こうしたお知らせは、郵便で届いていましたが、ついつい見逃してしまいますし、送る側の郵送料も、それなりの経費が掛かっていました。

経費は、結局のところ、我々の負担ですから、少ないにこしたことはありません。

 

<いつから使えるの?>

平成29年1月に開設される予定です。

 

<どこが便利なの?>

たとえば、引っ越したとき、行政機関だけでなく、民間のサービスについても、一括して行うことができるようになる予定です。

納税などの手続も、無料で、電子的に行うサービスも、検討されています。

 

<セキュリティーは大丈夫?>

なりすまし防止などのため、個人番号カード搭載の電子証明書によりログインする予定です。

 

2016.01.14.