前向きな考え方


東京都府中市からエンバーミング、海洋散骨、小平霊園樹林墓地をオススメしています 株式会社 くぼた です。

上の写真の猫は以前家族だった、リルです。病気でお別れすることを感じてからは、悲しく、辛い気持ちが続き、亡くなった後はさらに辛さが増す日々でした。幸い、私にはタイミングがあり悲しみを受け入れることができました。

「死」という事で本人だけではなく周りにとっても大きな事柄なのですが、私は健康な状態では考えずにそのうちに、と楽観視してしまっていました。

海洋散骨のお手伝いをさせていただいて、お打ち合わせでお聞きすると、先ほどの私の考えは甘いもので、もっと切実に、真剣に死をご生前から考えている方は多くいらっしゃいます。

以前お手伝いさせていただいた方は、奥様がお亡くなりになりましたがお子様はいなく、親戚もいないのでご主人だけになり、今後どうするのか考えて自分が亡くなったら妻の遺骨と一緒に海洋散骨してほしい、と打ち明けてくれました。葬儀関係者への生前のご相談は増えてきていますが、果たしてこのような相談に生前予約という葬儀だけでの対応で、家族のいない方へのきちんとした答えになっているのでしょうか?

方法としては司法書士の先生にご相談するのがベストと考えます。手順として

1)任意後見契約を行う

2)遺言を作成する

3)死後事務委任をしっかりと契約する

当然費用はかかりますが、本当に自分の希望を添えるよう死後手続きを考えているならば、そうすべきと考えます。法的に守られ、その中で我々葬儀関係者はお手伝いすることが健全であるからです。弊社では司法書士の先生と協力しご生前からのお悩みを解決できたらと考えています。

ご相談は➢株式会社くぼた

提携司法書士➢吉祥寺南司法書士事務所