ご利用ガイド


トップページ > ご利用ガイド

第1条(会員資格)

会員とは本規約を承認の上、インターネットを使ってむさし府中商工会議所(以下「会議所」
といいます。)が運営するたまごモール利用のために入会を申し込み、会議所が会員として
入会を認め、ID・パスワードを貸与された個人、法人をいいます。
会員は、本規約に基づき、たまごモールにおいてたまごモールに出店している仮想店舗(以下、
「モールショップ」といいます。)または会議所が別に定める業務提携企業(以下、「業務提携企業」
といいます。)が申込の勧誘をする商品、権利、デジタルコンテンツ及びサービス(以下、「商品等」
といいます。)の購入(サービスの提供契約の締結を含むものとします。以下同じ。)をすることができます。
会員は会員資格を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。


第2条(会員規約の変更)

会議所は、本規約を事前の承諾通知なく、変更することができるものとします。本規約を変更した場合、
たまごモールに関する一切の事項は変更後の規約によるものとします。


第3条(会員申込)

入会を希望する者(以下「入会希望者」という)は、会議所が定める手続に従って、オンラインにより
入会を申し込むものとします。入会希望者が未成年者である場合、親権者の同意を得たうえで入会を
申し込むものとします。
会員登録手続は、前項の申込に対する会議所の承諾をもって完了するものとします。ただし、会議所は、
入会希望者が以下に定める事由の何れかに該当することが判明した場合、入会希望者の入会を認めないことがあり、
入会を認めた後でも、入会を取り消すことがあります。
(1) 入会希望者が未成年者で親権者の同意を得ていない場合。
(2) 入会希望者が日本国外に居住する場合。
(3) 入会希望者が過去に本規約違反等により会員資格を抹消された場合。
(4) 入会希望者が申込の際に会議所に届け出た事項に虚偽、誤記又は記入もれがあった場合。
(5) 入会希望者が会議所に対する債務の支払を怠ったことがある場合。
(6) その他会議所が不適当と判断した場合。
会員は会員資格を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。


第4条(ショップ等の利用)

会員は、モールショップまたは業務提携企業の定める方法により商品等の購入を申し込むものとします。
会員からの申し込みに対しモールショップまたは業務提携企業が承諾することにより会員とモールショップ
または業務提携企業との間に売買契約(サービスの提供契約を含むものとします。以下同じ。)が成立するものとします。


第5条(ID及びパスワードの管理)

会員は、会員登録後に会議所が会員に付与するID、パスワードの管理責任を負うものとします。
会員はIDおよびパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。
IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は会員が負うものとし、
会議所、及びモールショップ及び業務提携企業は一切責任を負いません。IDおよびパスワードが不正に利用された
ことにより会議所、またはモールショップまたは業務提携企業に損害が生じた場合、会員は、会議所、または
モールショップまたは業務提携企業に対し、その損害を賠償するものとします。
会員は、IDまたはパスワードを第三者に知られた場合、またはIDまたはパスワードが第三者に使用されている疑い
のある場合には、直ちに会議所にその旨を連絡するとともに、会議所の指示がある場合にはこれに従うものとします。
会員は、定期的にパスワードを変更する義務があるものとし、その義務を怠ったことにより損害が生じても会議所、
及びモールショップ及び業務提携企業は一切責任を負いません。


第6条(届出事項の変更等)

会員は、入会申込の際に会議所に届け出た事項に変更のあった場合は、会議所あてに遅滞なくE-Mail等の方法により変更した
事項を届け出るものとします。
会議所からの通知は、会議所に登録された届出事項に基づく連絡先に発信することにより、会員に通常到達すべきときに到達した
とみなされるものとします。


第7条(会員情報の取扱)

会員が入会申込等の際に会議所に届け出た情報およびモールショップまたは業務提携企業の利用に関する会員の情報は、
それぞれのデータベースに登録される。会議所は当該登録情報をプライバシー情報の取り扱い基準に基づき利用する
ことができるものとします。
会議所は、登録された情報について、個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとします。ただし、次の各号記載の場合、
会員情報を開示することができるものとします。
(1) 会員の同意が得られた場合。
(2) 法令等により開示が求められた場合。
(3) 会員の注文情報をモールショップまたはクレジットカード会社に転送する場合。
(4) 会員が業務提携企業から商品等を購入しまたは購入しようとした際に業務提携企業に開示する場合。
(5) 商品等の発送またはサービスの提供のために必要な場合。
(6) 代金の回収のために必要な場合。
(7) 会議所の権利を守るために必要な場合。
(8) その他正当な事由がある場合。


第8条(退会)

会員は、E-Mail等の手段を使っての連絡により退会することができます。
会員が死亡または解散した場合、その時点で退会したものとみなしID・パスワードは利用できなくなるものとします。


第9条(会員資格の停止・除名)

会議所は、以下の事由がある場合、会員に何ら事前の通知または催告をすることなく、会員資格を一時停止し、または
除名することができるものとします。
(1) IDまたはパスワードを不正に使用しまたは使用させた場合。
(2) 会員が代金を定められた時期までに支払わなかった場合。
(3) 会員に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、会社整理、特別清算、会社更生の申し立てがなされた
  場合、及び会員が申し立てをした場合。
(4) その他、会員が本規約のいずれかの条項に違反した場合。
(5) その他、会員として不適格と会議所が判断した場合。


第10条(たまごモールの変更及び廃止)

会議所は、いつでもたまごモールの内容を事前の告知なく、変更しまたは廃止することができるものとします。変更または
廃止に伴い、会員に不利益や損害が発生した場合でも、会議所はその責任を負わないものとします。


第11条(たまごモールの中断、停止)

会議所は、以下の何れかの事由に該当する場合、会員に事前に通知することなくたまごモールの一部もしくは全部を一時中断、
または停止することがあります。
(1) たまごモールの提供のための装置、システムの保守点検、更新を行う場合。
(2) 火災、停電、天災などにより、たまごモールの提供が困難な場合。
(3) 必要な電気通信事業者の役務が提供されない場合 。
(4) その他、会議所がたまごモールの一時中断もしくは停止が必要であると判断した場合。
会議所は、たまごモールの提供の一時中断、停止等の発生により、会員が被ったいかなる損害についても一切の責任を
負わないものとします。


第12条(会議所の責任の範囲)

会議所は、会員が会議所以外の者が出店しているショップまたは業務提携企業から商品等を購入した場合、売買契約の当事者
とはなりません。したがって、会員が会議所以外の者が出店しているモールショップまたは業務提携企業から購入した商品等に
関して一切責任を負いません。
会議所は、会員が会議所が出店しているモールショップから購入した商品等に関して、会議所の責めに帰すべき事由または商品等の
隠れたる瑕疵に基づき会員に損害が生じた場合、直接損害に限り、販売代金等を上限として損害を賠償します。
本条は、会員に対する会議所の責任の全てを規定したものであり、会議所は、いかなる場合でも、会員の逸失利益、間接損害、
特別損害、弁護士費用その他の本条に規定のない損害を賠償しません。


第13条(準拠法及び合意管轄)

本規約の準拠法は日本法とします。
本規約に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。